メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

事件  雑学  

Amazon、捏造レビューを請け負っていた個人を提訴

Amazon、捏造レビューを請け負っていた個人を提訴今年の4月、AmazonはAmazonの販売者に対して金銭と引き換えに4つ星や5つ星の良い評価や商品レビューを行っていたウェブサイトの運営者を訴えた。多くのウェブサイトは閉鎖し、関連する販売事業者にもAmazonは措置を講じた。

今回Amazonは同じように捏造したレビューを提供する個人まで追及する姿勢を見せた。Amazonは今回、オンラインでフリーランサーに仕事を発注できるfiverr.comを使用して捏造した商品レビューを提供した個人を訴えた。

今回の裁判で「John Does」などという名を使って被告人は、Amazonのレビュー欄にポジティブな内容を記載したり、5つ星のレビューを投稿する仕事をfiverr.comで募っていた。さらには「認証」レビューも提案していた。つまり、彼らは対価を得る代わりに商品を購入してレビューの投稿を行っていた。また、販売者が準備した商品レビューを代わりに投稿する場合もあった。

fiverrを知らない人のために説明すると、fiverrは仕事の受発注ができるサイトで、5ドルから小さなタスクやサービスを掲載できる場である。サイトの名前は5ドルから仕事を受発注できるところからきている。多くの小さなタスクやこのような「ギグ」と呼ばれる仕事には執筆、翻訳、デザイン、編集やプログラミングの手伝いといった内容のものが多い。ただ、このサイトは捏造レビューや評価を求める者がそのためのリソースを探す場にもなっていた。それにはAmazonだけでなく、App Storeを含む他のサイトやサービスも含まれる。

このような「ギグ」はfiverrの利用規約に反している。fiverrの利用規約には「ギグ」はサードパーティの利用規約に反するものであってはならないと明記されている。

訴状でfiverrが名指しされていないのは、Amazonは自社の利益のために詐欺活動を積極的に行っているサイトにしか処罰を求めていないからだ。これまでfiverrはAmazonと協力して、このような投稿の削除に努めてきた。

「fiverrは投稿の削除を行っていますが、それだけでは根本的な解決になりません」とAmazonのスポークスマンは伝える。

 

続きはこちら -HUFFPOST SOCIETY-