【超かっこいい】1950年代開発の世界最速スクーター「赤い弾丸」がいまでも未来すぎる | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

雑学  

【超かっこいい】1950年代開発の世界最速スクーター「赤い弾丸」がいまでも未来すぎる

【超かっこいい】1950年代開発の世界最速スクーター「赤い弾丸」がいまでも未来すぎる(┘°Д°)┘ オオオオオオオ!! これはヤバイ。

1951年8月8日、レーシングパイロットロモロ・フェッリ (Romolo Ferri)を乗せ、スクーターカテゴリ最速の時速201kmを記録したランブレッタ (Lambretta)社の「ランブレッタ・レコード (Lambretta Record)」。

空気を裂く、金属とプレキシガラスとゴムで作られた赤い流線型の車体、美しすぎる。

 

続きはこちら -DDN JAPAN-