メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

雑学  

歌舞伎の題材にもなる“紅葉狩り”。江戸っ子が好んだ理由は?

歌舞伎の題材にもなる“紅葉狩り”。江戸っ子が好んだ理由は?秋の行楽といえば、紅葉狩り。これは、今も江戸時代も同じこと。江戸時代にも紅葉の名所があちこちにあり、浮世絵にも数多く描かれている。燃えるように赤く紅葉する風景に神秘的なものを感じるのだろうか、能・歌舞伎の題材にもなっている紅葉狩りには鬼が登場する。

江戸っ子が紅葉狩りの名所を選んだ理由とは?

江戸時代の紅葉狩りの名所といえば、能・歌舞伎の「紅葉狩」の舞台にもなった信州の戸隠山(とがくしやま)が有名だった。ほかにも、上方では京都の高雄、奈良の竜田川などが知られ、江戸では品川の海晏寺(かいあんじ)と浅草の正燈寺(しょうとうじ)が双璧だったという。

春の桜の花見のように一般庶民が大騒ぎをする行楽とは違い、紅葉狩りのほうは趣味人が茶道具や角樽などを持ち込んで、紅葉を楽しみながら詩歌を詠んだりして静かに過ごしたようだ。

桜の花見を庶民に定着させたのは、八代将軍徳川吉宗の政策もあったということは、筆者の同じシリーズ記事「花見が行楽として定着したのは、江戸時代のヨシムネミクスから」に書いたが、王子の飛鳥山には桜だけでなく楓も植えさせて、秋の紅葉も楽しめる行楽地としている。

江戸ではほかにも、上野の寛永寺や目黒の明王院、大塚の護国寺、向島の秋葉権現など紅葉の名所はいろいろとあったのに、なぜ品川の海晏寺と浅草の正燈寺が双璧といわれたのだろう?それは、どちらも遊郭(吉原と品川宿の遊郭)がすぐ近くにあるので、紅葉狩りを口実にして、紅葉と遊女の両方の美しさを楽しめるという理由からだ。

 

続きはこちら -スーモジャーナル-