メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

インテリア  雑学  

昔からやっている!涼を取り入れるための工夫

昔からやっている!涼を取り入れるための工夫

視覚から入るものを涼しげなものにするだけでも効果アリ

地面はアスファルトに覆われ、自然な形で涼をとるのが難しくなった都心。しかしクーラーが私たちの暮らしに根付く前にはどう暑~い夏を乗り切っていたのだろうか。

お盆を過ぎて少し暑さが和らいで秋はもうすぐ目の前!という時期になったからこそ、クーラーを使用せずに涼をとる方法に注目していただきたい。

日本では暑い夏を乗り切るためにどうしてきたのか――。

まずは目に入るものを涼しくするという工夫を紹介しよう。例えば、ガラスの金魚鉢を置き、その中でユラユラと揺れる水草と金魚を見ているだけで涼しい気持ちになってくるから不思議。ほかにも、軒下に風鈴を下げて、チリーンという音に癒やされるなんて工夫も…

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-