【雑談】真夏の夜の怪談話、落語で有名な「牡丹燈籠」とは | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

雑学  

【雑談】真夏の夜の怪談話、落語で有名な「牡丹燈籠」とは

真夏の夜の怪談話、落語で有名な「牡丹燈籠」とは夏になると「納涼」と題して、「怪談牡丹燈籠」が落語や歌舞伎でかけられるようになる。

江戸時代も今も、怖い話を聞いたり、肝試しをしたりといった涼の取り方がある。

でもなぜ、牡丹の図柄の灯籠が出てくるのだろう? それは、お盆に由来するのだ。

 

続きはこちら -スーモジャーナル-