メニュー

家ニューオリジナル記事

「家ニュー」編集室

家相・風水  雑学  

さんりんぼうの怪

さんりんぼうの怪

三隣亡と三輪宝

みなさん「三隣亡」という言葉を聞いたことがありますか?

「三隣亡」とは棟上げなど建築に関する事の忌むべき日とされている所謂、凶日のひとつです。

この日に建築事を行うと、高い所へ登った時けがをすると言うものだったり、三軒隣まで亡ぼすとさえ言われることもあり、棟上などを行う場合、この日を避けることが多いようです。

よく「日が悪い」という言葉を聞きますよね。今回はこの「三隣亡」にまつわる雑学を。
実はこの「三隣亡」、江戸時代には「三輪宝」と書き、「屋立てよし」「蔵立てよし」と、現在とは正反対の吉日とされていたそうです。

どうしてこんな事になってしまったかと言うと、現在有力視されている説がなんと、

「ある年に暦の編者が「よ(良)」を「あ(悪)」と書き間違え、それがそのまま伝わってしまったのではないかと考えられている」

だそうです。

しかもその後、間違えた方の意味に合わせて「三輪宝」から「三隣亡」へと漢字まで変えてしまったとか何とか・・・

冠婚葬祭や建築関係など、大安や友引と言った「日」を気にする行事もまだまだ多い現代ですが、あまり神経質にはならずにあくまでも「ゲンを担ぐ」程度に留めるくらいがいいのかもしれませんね^^;

家づくりに関するニュースが毎日届くニュースサイト 日刊・家づくりニュース、通称「家ニュー」の編集室です。
「家ニュー」編集室