物をどうやって収めるかばかり考えてた時代の産物 | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

雑学  

物をどうやって収めるかばかり考えてた時代の産物

物をどうやって収めるかばかり考えてた時代の産物ミサワホームの「蔵」って、いまだに耳にしますね。

ちなみに、ミサワホームのGENIUS「蔵のある家」は、1996年、業界で初めて、グッドデザイン・グランプリを受賞しています。建築物では、その後も大賞(グランプリ)は出てきていますが、住宅はこれだけですね。

建築基準法の「天井高1.4m以内でかつ床面積の1/2以内の広さなら、床面積に含まれない」という規定でかいくぐった、目の付け所は面白いですよね。コロンブスの卵的発想です。

たまたまpresidentで、蔵のある家の広告記事を見かけましたので、ちょっと再注目してみようかなと(笑)

 

続きはこちら -井内智哉 公式サイト-