メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

街・地域  

外国人住民の多い市区町村はどこ?5人に1人以上が外国籍の区も!

外国人住民の多い市区町村はどこ?5人に1人以上が外国籍の区も!

外国人の数では東京が圧倒的だが、市区町村別人口に対する割合では……

これから国内の人口は次第に減少していく。国立社会保障・人口問題研究所の推計(平成24年1月推計)によれば、33年後の平成60年(2048年)時点における人口は9,913万人、45年後の平成72年(2060年)時点における人口は8,674万人とされている(いずれも出生中位推計)。

平成22年(2010年)時点の1億2,806万人と比べ、それぞれ77%、68%の水準だ。まだまだ先のことと感じるかもしれないが、地域によっては既に深刻な人口減少が始まっている。

その一方で、気になるのは外国人住民の人口だ。将来、大胆な移民政策などに転換しないかぎり、日本人の減少分を補うほど外国人が増えることは考えられない。

しかし、大都市だけでなく地方都市や町村部でも居住する外国人の増加が見込まれ、否応なしに国際化は進んでいくだろう。

それでは、現時点で外国人住民の数はどうなっているのだろうか。総務省がまとめた「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成27年1月1日現在)」をもとに、市町村別の動向を調べてみた。

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-