メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

不動産  土地  街・地域  

分譲開始から23年経った分譲住宅地が魅力的なわけ【千葉県佐倉市 佐倉染井野】

分譲開始から23年経った分譲住宅地が魅力的なわけ【千葉県佐倉市 佐倉染井野】先日、分譲が開始されてから23年が経過した千葉県内にある分譲住宅地を取材してきました。

そこでは、皆さんがこれから住まいを得る、中でも分譲住宅地で住宅を購入・建築する上で考えておくべきことが満載でした。

この記事でそのポイントを紹介します。

和風街区がある珍しい分譲住宅地

千葉県佐倉市に「佐倉染井野」という分譲住宅地があります。先日、私はこの分譲住宅地を取材して街なみを見学し、住民の方のお話も伺ってきました。概要は以下の通りです。
・開発面積 約110h(33万坪)
・計画人口 10730人
・計画住宅戸数 2618戸
・分譲開始 1992年(平成4年)

この分譲住宅地の特徴の第一は、景観が統一されているということです。大きく「和風」「洋風」「モダン」の3タイプの街区で構成されてました。ちなみに「モダン」とは、現代的な洋風というイメージです。

和風街区

和風街区の様子。ここでは隣家との境界は塀であるがその高さやデザインも統一されていた。門扉が本格的な和風デザインであることにも注目されたい。

このうち和風街区は、文字通り和風外観の住宅ばかりが建ち並ぶエリアですが、建物の瓦屋根や外壁、門扉、植栽などが統一されています。分譲開始当時、和風の建売住宅として発売され、大反響を呼んだといいます。

 

続きはこちら -All About-