メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

トラブル  土地  災害  街・地域  

家を買う前に確認しておきたい「ハザードマップ」とは?

家を買う前に確認しておきたい「ハザードマップ」とは?

自分の住んでいる地区の「ハザードマップ」を確認

土砂崩れや浸水など、大雨による災害に注意が必要なこれからの季節。

住宅の購入を考えていると、その土地に被害が及ぶ可能性が気になるところだ。

もちろん、災害の原因は雨だけではない。火山の噴火や地震などもあるだろう。

これらの自然災害による被害予測は、都道府県や市町村の自治体によって、地図にまとめられていることが多い。

それが「ハザードマップ」だ。とはいえ、活用したことがある人は少数派。

内閣府政府広報室が平成22年に発表した調査によると、「ハザードマップで防災情報を確認したことがある」と回答した人は31.2%だった。

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-