メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

トラブル  事件  

【動画】宮崎の車暴走、運転の73歳男性に認知症症状

【動画】宮崎の車暴走、運転の73歳男性に認知症症状宮崎県で軽乗用車が歩道を暴走し、7人が死傷した事故で、運転していた73歳の男性に認知症の症状が見られることがわかりました。

28日午後、宮崎市の中心部を東西に貫く目抜き通りを軽乗用車がおよそ700メートル暴走し、2人が死亡、運転手を含む5人が重軽傷を負った事故。一夜明け、29日、現場には献花に訪れる人の姿が。

「(事故発生時)遠くから眺めていただけです。近くには怖くて寄れなかった」(女性)

この事故に巻き込まれ、宮崎市の藤本みどりさん(66)と高木喜久枝さん(50)の2人が亡くなりました。

「やっぱり無念だったろうなと思って、子どもさんもいらっしゃるし」(亡くなった高木喜久枝さんの元同僚)「インターネットで藤本みどりさんの名前を見たから『もしかして』と思って、自宅に行ったら電気は消えていた。穏やかな人です。活発というより穏やかな人」(亡くなった藤本みどりさんの知人)

一方、29日、警察は、鹿児島県日置市にある軽乗用車を運転していた73歳の男性の自宅を捜索。

「普通のおじさんで優しい感じです。いつも安全運転でそんなスピードを出す方じゃないのでびっくりしています」(運転していた男性を知る人)

男性は、鹿児島県日置市から直線距離でおよそ100キロ離れた宮崎市まで自ら運転。警察によりますと、男性には認知症の症状が見られるということです。警察は、男性が車道と歩道を間違った可能性があるとみて捜査を進めています。

 

続きはこちら -Yahooニュース-