メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

トラブル  災害  

災害に備えておきたい非常食。その意外な管理方法とは?

災害に備えておきたい非常食。その意外な管理方法とは?

非常時のために備蓄すべきものとは

今後30年以内の発生可能性が70%と言われる大地震。首都圏や東南海など、各地で警戒されている。

地震への備えは、家具の固定や建物の耐震化だけではなく避難の際に必要となる懐中電灯やバケツ、カセットガスコンロのほか、非常食も含まれる。

これらの道具や食品は非常用持出袋にまとめ、すぐ取り出せるような場所に保管しておく。そしてその情報を家族で共有しておくと良いだろう。

 

続きはこちら -HOME’S PRESS-