メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

住まい  生活  雑学  

あなたはいまの住まいに満足? 住宅の満足度は過去最高に!

あなたはいまの住まいに満足? 住宅の満足度は過去最高に!

住宅に対する不満率は急速に下がっている?

国土交通省は9月30日、「平成25年住生活総合調査(確報集計)」の結果を公表した。これは5年ごとに実施(平成15年までは「住宅需要実態調査」)されているものであり、今回は平成25年12月1日現在の調査となっている。集計対象となったのは74,181世帯だ。

その中に「住宅及び居住環境の評価」として満足度を調べた項目がある。

それぞれの質問について「満足」「まあ満足」「多少不満」「非常に不満」の4段階評価を選択するものだ。また、「住宅」は居住する住宅そのものに対する評価、「居住環境」は敷地、近隣、歩いて回れる程度の地域環境を含んだ安全性や利便性などに対する評価である。

「住宅及び居住環境に対する総合的な評価」では、「満足」が21.9%、「まあ満足」が55.3%、「多少不満」が18.8%で、「非常に不満」は3.3%にとどまっている。「多少不満」と「非常に不満」を合わせた「不満率」は22.1%であり、過去30年で最も低くなった。逆に満足度は77.2%で過去最高だ。

昭和58年調査における不満率は38.4%であり、半減とはいかないまでも大幅に下がっている。とくに平成20年調査の28.4%からは6.3ポイント下がり、5年間の下げ幅は過去30年で最大となった。

これを「住宅」と「居住環境」の個別評価でみると、平成25年調査での「住宅」に対する不満率は24.9%、「居住環境」に対する不満率は27.1%だ。「総合的な評価」の不満率(22,1%)よりも高くなっているが、「個別にみると不満はあるが全体的にはまあ満足」という層もあるのだろう。

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-