メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

サイト紹介  技術  

YouTube化が進む、FacebookとTwitter。激化する動画プラットフォーム戦争

YouTube化が進む、FacebookとTwitter。激化する動画プラットフォーム戦争Facebookが動画プラットフォーム化し、YouTubeを追いかける。次の黄金郷とも言われる動画をめぐって、二者の競争が激化してきた。

舞台は、いまやユーザー数でデスクトップを大きく引き離すモバイルだ。そんな両者の寡占も見込める状況のなか、Twitterも名乗りをあげた。

FacebookのYouTube化
Facebookが2015年10月13日に発表した、新機能「サジェスティッド動画(レコメンド動画)」。ニュースフィードに流れた動画投稿をタップすると関連動画群が現れ、ユーザーはスクロールすることで、それらを視聴できるというものだ。一部のiPhoneアプリユーザーにのみ、試験運用されているという。

極めてYouTubeに似た「Videos」という動画閲覧専用のスペースも新設された。メイン画面に置かれたタブから友人やFacebookページ、コンテンツ提供者の動画を閲覧できる。閉鎖的な仕組みの「Facebook内のYouTube」になるかもしれない。

動画プラットフォームのカギは、コンテンツ配信者の確保だ。2015年の6〜7月にかけて、Facebookは配信者向けに解析ツールやアップロード環境を改良。「新しい動画マッチングテクノロジー」も試験運用しており、配信者は包括的なコンテンツマネジメントが可能になるとしている。

同社の2015年第2四半期決算によると、広告売上の76%はモバイル広告によるもので、モバイル動画広告が満たす割合も拡大するとみられる。

 

続きはこちら -DIGDAY-