メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

仕事  健康  

急増する「大人の発達障害」のリアル 「適職」を見つけることの重要性

急増する「大人の発達障害」のリアル 「適職」を見つけることの重要性事務ミスがとにかく多い。仕事中、1つのことになかなか集中できない。そんな人はもしかすると発達障害の可能性があるかもしれない……。

おもに青年期から成人に達した発達障害を診察の対象としている昭和大学付属烏山病院では、全国から患者が殺到。月1回の診療予約に受け付け開始から約2時間で予約枠が埋まってしまうという。

昨今、社会人になって発達障害だと診断される人が急増している。社会人10年目で発達障害と診断された岩本さんもその一人だ。彼は診断後、自分に向いた仕事に転職し、データ分析の分野で世界1位の実績を出した。彼はどうやって “自分の天職”を知り、めざましい成果を出すことができたのか。

 

続きはこちら -東洋経済オンライン-