国産受注ソファ、ヒット作を生み出す工房に潜入!一生使える本当によいソファって? | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

生活  

国産受注ソファ、ヒット作を生み出す工房に潜入!一生使える本当によいソファって?

国産受注ソファ、ヒット作を生み出す工房に潜入!一生使える本当によいソファって?新社会人、はたまた新大学生など、新生活が始まった人も多いかと思う。一人暮らしを始めるにあたって自分なりにこだわりを持ちたい……そんな中でも念願のソファを手に入れたい! そんな野望を持っている方もいるだろう。しかし同じ2人がけソファとはいえ、ネット検索すると5,000円という激安のものから、イタリア直輸入350万円!という超高額なものまで、その差は果てしなく大きい。

せっかく買うのだから、リラックスできることは大前提として、長持ちして、安心して使えるソファを選びたい……。そんな風に考える人が増えているのか、最近「国産」「日本製」のソファへの関心が高まっているようだ。

というわけで、前回のこの記事でもおなじみ、“イデーの中の人”である家具開発担当の三嘴(みつはし)隆造さんと、今回はイデーのソファ作りに携わること20年、西清木工所取締役の西山文重さんのもとを訪れ、ソファの「違い」を生み出す商品開発の舞台裏についてを聞いてみた。

 

続きはこちら -マイナビニュース-