メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

生活  

家づくりの「希望」は「幸せ」との違いから考えてみる

家づくりの「希望」は「幸せ」との違いから考えてみる広告によく使われる言葉「幸せと希望」
土曜日、日曜日の朝刊新聞には必ずと言っていいほど住まいに関連したチラシが入っています。これはここ20~30年ずっと変わりません。そしてそのチラシの内容といえば、「家族が幸せになる家事ラク間取り」「幸せをつくる住まいがココにあります」とか「希望あふれる〇〇タウンに堂々と完成」などのキャッチコピーが並びます。特に幸せとか希望という言葉はよく使われます。

どうしてなのでしょうか。本当に幸せを与えてくれるのでしょうか?それとも希望をつくってくれるのでしょうか?

幸福と希望の違い
幸福と希望は人生に喜びを得るための二つの大きな要素ですが、この2つの言葉の間にはどんな違いがあるのでしょうか?

たとえば幸福を感じさせる例として結婚式の披露宴があります。祝福のスピーチを聞きながら二人は顔を見合わせ微笑みあったりします。その姿をみるとこの幸福は永遠に続きますようにと本気で信じているようにも見えます。

しかしながら、幸福な状態はいつまでも続かないのです。幸福とはいつもそうあってほしいと「継続」を求めるものなのです。

一方希望はどうでしょうか?継続を求める幸福に対し希望は「変化」と密接な関係があります。過酷な現状から良い方向に改善したい、苦しみながら少しでもラクになりたい、そんな想いが希望という言葉には宿っています。希望は現状の維持を望むというよりは、現状を未来に向かって変化させていきたいと考える時に表れるものなのです。

 

続きはこちら -All About-