メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

収納・片付け・掃除  生活  街・地域  

トイレ掃除は「週に1日」が26% ‐ 「男性も座ってする」が家庭の常識に?

トイレ掃除は「週に1日」が26% ‐ 「男性も座ってする」が家庭の常識に?プラネットはこのほど、消費財にまつわるトピックスを発信するニュースレター「Fromプラネット」の第24号として、トイレ掃除に関する意識調査の結果を紹介した。

はじめに自宅のトイレの数と種類を調べたところ、「1カ所」と答えた人が最も多く61.7%、「2カ所」は34.4%で、3人に1人以上の人の自宅にトイレが2カ所あることが分かった。

続いて自宅のトイレのタイプ・機能を聞くと、「水洗・洋式トイレ」が86.3%で圧倒的1位となり、「水洗・和式トイレ」は4.1%とごく少数。また、「温水洗浄便座」を備えている人も33.7%で、かなり普及しているようだ。同社は「伝統的な和式トイレは少なくなって、家庭のトイレ事情が様変わりしていることがうかがえる」と分析している。

次に、自身でトイレ掃除をする頻度を聞いたところ、最も多かったのは「週に1日」で26.4%、次いで「週に2~3日」の15.4%であったが、「毎日する」という人も10.0%で3位にランクイン。”週に1日以上”の数値を合計すると6割近くの57.2%で、「比較的まめに掃除をしている実態がうかがえる」という。

この結果を「毎日する」に注目して職業別に見ると、最も多いのは「専業主婦(主夫)」の21.1%。次に、「自営業」「定年退職」「パート・アルバイト」がいずれも12%台の僅差で続いた。その後は「会社役員・経営者」の8.4%で、「公務員」の5.5%や「会社員」の4.8%に比べても高い数値となっている。

 

続きはこちら -マイナビニュース-