メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

生活  雑学  

有機野菜は本当に体に良い!? 実は怖いかもしれない「安心・安全な野菜」

有機野菜は本当に体に良い!? 実は怖いかもしれない「安心・安全な野菜」日曜日に、妻とショッピングを楽しみました。こう書くと、衣服とかアクセサリーなどを選びながら、楽しくデートしたように読めます。しかし実際には、日々の食料品を近所のスーパーへ買い出しに行っただけです。

新婚当時は、毎週日曜日、1週間分の食料を買って帰ってくるのが決まりのようになっていました。当時、妻は自動車の運転免許を持っていませんでした。わが家がある地方都市では、公共交通機関が充実していません。自動車がないと、女性にとっては重い食料品を買って家まで持ち帰ることは困難です。冬は重い灯油も必需品ですが、これなども自動車がないと女性には運ぶことが苦痛です。

そんな事情もあり、週に1度、ぼくの運転で一緒に食料品などを買いに出掛けていたわけです。長女が生まれてから、妻も運転免許を取得しました。それからは、こういう日曜日の買い出しはなくなりました。

おっと、昔話が長くなりました。先日のショッピングに話をもどします。数年前、大病したぼくの身体を気遣ってくれる優しい妻は、野菜売り場の有機野菜の所で立ち止まり、何気なく言いました。

「有機野菜って、身体にいいわよね」「いや、そうでもないんだよ」とぼく。

妻は、「しまった。また理屈が始まる……」という顔になりました。ぼくもその顔に気づいていましたが、ダメなんですねえ。話し始めると止まらないのです。

「有機栽培っていうのは、堆肥(たいひ)を使うんだけれども、この堆肥がどうやってできているのかが問題なんだ。大きく分けると、家畜の糞尿が原料の堆肥、生ごみが原料の堆肥、植物(落ち葉や稲わらなど)が原料の堆肥がある」

食品売り場でウンチや生ごみやの話をしだすから、もう妻はしかめっ面です。しかし科学オタクの悲しいサガ。一度理屈を話し出すと、論理が完結するまで止まらないんです。

「家畜の糞尿が原料の堆肥は、危険性がある。銅、亜鉛などの重金属が混入している可能性があるからね。生ごみが原料の堆肥も、危ない。油分が結構多いからね。植物が原料の堆肥が、一番安全。だから、単に有機野菜っていう名前だけで買うことはやめた方がいいよ。

堆肥の原料が書いていなかったら、かえって農薬を使った野菜の方が安全と考えたらいいよ。農薬は法的にちゃんと成分が決まっているけど、有機栽培には厳しい規定がないから。

ほら、前にも言ったけど、水道水とペットボトルのミネラルウォーターのどっちが安全かといったら、水道水。水道水は、含有物質の成分濃度が法的にちゃんと決まっているけど、ペットボトルのミネラルウォーターには規制がない。それと同じようなもんだね」

 

続きはこちら -All About-