メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

ライフスタイル  生活  雑学  

男女ともにあの言葉が1位に!「この言葉を目にするとイライラする」ランキング

男女ともにあの言葉が1位に!「この言葉を目にするとイライラする」ランキング全国の男女1,750人を対象に「言葉に関するアンケート」が実施された。男女ともに目にするとイライラする言葉の第1位は共通の結果に!

男性は1位が「激おこぷんぷん丸(激しく怒っている)」(35.0%)、2位が「とりま(とりあえず、まあ)」(30.1%)、3位が「ちな(ちなみに)」(29.0%)という順位に。女性は、男性と同じく「激おこぷんぷん丸」(43.0%)が1位、2位は「ちな」(35.7%)、3位は「とりま」(35.3%)の順番となった。

ほとんどの項目で、女性が男性の比率を上回っているものの、「神対応(配慮が行き届いた、手際のよい対応)」(男性16.0%、女性13.2%)、「塩対応(愛想がなく冷たい対応)」(男性16.3%、女性12.9%)、「ドヤ顔」(男性13.4%、女性6.8%)では、逆に男性の比率が高くなる結果に。

全国の男女1,750人を対象に「言葉に関するアンケート」が実施された。男女ともに目にするとイライラする言葉の第1位は共通の結果に!  男性は1位が「激おこぷんぷん丸(激しく怒っている)」(35.0%)、2位が「とりま(とりあえず、まあ)」(30.1%)、3位が「ちな(ちなみに)」(29.0%)という順位に。女性は、男性と同じく「激おこぷんぷん丸」(43.0%)が1位、2位は「ちな」(35.7%)、3位は「とりま」(35.3%)の順番となった。  ほとんどの項目で、女性が男性の比率を上回っているものの、「神対応(配慮が行き届いた、手際のよい対応)」(男性16.0%、女性13.2%)、「塩対応(愛想がなく冷たい対応)」(男性16.3%、女性12.9%)、「ドヤ顔」(男性13.4%、女性6.8%)では、逆に男性の比率が高くなる結果に。  女性は男性に比べると、言葉や表現に対してイライラを感じる比率が高くなっているといえる。それは、女性が“共感する性”と言われることもあり、コミュニケーションの道具である言葉に対して、感受性が強い傾向にあるからだろう。  男性の何気ない一言が女性の逆鱗に触れたり、言い方の問題でトラブルになるのを防ぐためには、男女双方で“言葉の感受性のすり合わせ”が必要なのかもしれない。気を付けないと、激おこぷんぷん丸だぞ!

女性は男性に比べると、言葉や表現に対してイライラを感じる比率が高くなっているといえる。それは、女性が“共感する性”と言われることもあり、コミュニケーションの道具である言葉に対して、感受性が強い傾向にあるからだろう。

男性の何気ない一言が女性の逆鱗に触れたり、言い方の問題でトラブルになるのを防ぐためには、男女双方で“言葉の感受性のすり合わせ”が必要なのかもしれない。気を付けないと、激おこぷんぷん丸だぞ!

 

続きはこちら -ダ・ヴィンチNEWS-