メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

仕事  技術  生活  雑学  

【動画】未来の宅配事業、ロボット一輪車で実現へ ロイター 10月15日(木)15時41分配信

【動画】未来の宅配事業、ロボット一輪車で実現へ ロイター 10月15日(木)15時41分配信 ドローンというと無人の飛行機やヘリコプターが頭に浮かぶが、今イスラエルで注目を浴びているドローンは空を飛ばない。GPSとソーシャルメディアサイトを使った無人一輪車ロボットによる宅配というコンセプトだ。

配送ロボット「トランスホイール」を考案したコービ・シカルさんは、テルアビブのシェンカル工科デザイン大学出身の工業デザイナーで、宅配事業のこれからの姿を提案している。

基本は自律型ロボット一輪車で、GPSを使って目的地まで走行し、内蔵カメラと顔認証システムで本人確認をしたうえで、ロボットアームで“頭”載せてある荷物を受取人に渡す―というアイデアだ。

セグウェーに似たバランス技術を採用する「トランスホイール」は、バッテリ駆動のロボット一輪車だから、環境に優しい。路上走行型なので、商用エアスペースに侵入することはない。複数台をを組み合わせることで、大型貨物の運搬も可能だという。

GPSとセンサーで道路上の障害物を回避し、渋滞を避けながら頭に載せた荷物をロボットアームで押さえながら走るドローン一輪車。実現する日はそう遠くなさそうだ。(イスラエル、テルアビブ、10月14日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

 

続きはこちら -Yahooニュース-