生乾きのイヤなニオイを発生させない方法 | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

生活  雑学  

生乾きのイヤなニオイを発生させない方法

生乾きのイヤなニオイを発生させない方法

お湯に30分つけ置き+酵素系漂白剤でニオイの元を取り除く

雨の日が続くと、外干しができないうえに洗濯物が山積みに。乾燥機があればいいけれど、洋服の縮みが気になって気軽に使えない時も。

女性の場合、防犯面で外干しがどうしてもできない……そんな人もいるだろう。

部屋干しした洗濯物があの独特のニオイを発生する原因は一体なんだろうか。それは洋服に雑菌で長時間ついた状態で放置されてしまった場合に発生する。一度、雑菌が発生してしまったら、どうやって部屋干ししてもニオイが発生してしまうのだ。では、あのイヤ~なニオイを発生させないためにはどうすればいいのだろうか。

こまめに洗濯するのが理想だが、仕事が忙しくて週末しか洗濯ができないという人も多いだろう。もし汗や汚れなどがある場合には、洗濯前に30~40℃のお湯につけ置きし、十分に絞ってから洗濯をする。効果的なのは酵素系漂白剤。粉末のほうが効果が高いので、粉末を選んで洗うようにすること。

さきほど紹介した洗濯前のつけ置きの時に酵素系漂白剤を入れるのもオススメだ。そもそも、洗濯槽はキレイかどうかも、これを機会にチェックを。縦型の洗濯槽の場合、裏側に洗剤によるヌメリ汚れがこびりついている場合もある。

もし洗濯槽が汚れていたら、どれだけ洗濯物をキレイにしても無意味なので注意しよう。

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-