メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

書籍紹介  生活  

【書籍紹介】50代でリストラされた元出版社社長が語った! 老後破産を回避する7つの法則

【書籍紹介】50代でリストラされた元出版社社長が語った! 老後破産を回避する7つの法則「老後破産」、「下流老人」…。経済的に悲惨な老後をおくる高齢者を取り上げたテレビ番組や書籍が話題となっている。これらを観たり読んだりした中年以下の世代の人々も、景気の先行き不透明感や年金制度への不信感もあって、人ごととは思えないと衝撃を受けている人も多いのではないだろうか。

一方、この不安に対する処方箋として、雑誌などでは、「老後を生き抜くには1億円必要」などという特集が組まれるなどしているが、その多くは大企業で定年退職し、退職金を満額支給されたサラリーマンを前提にしていることも多い。だが実際には、こうしたサラリーマンは少数で、多くは経営がうまくいっていない中小企業で退職金が満額出なかったり、定年間近にリストラに遭って、一からやり直さなければならない人も多いのが現実だ。

今回は50代でオーナーから解任され、一からやり直さなければならなかった元出版社社長の実話に基づいたマンガ書籍『まんがで知る老後の不安解消シリーズ 貯蓄ゼロでも老後に困らない7つの法則~老後破産はこれで解決』(リイド社、1,200円+税)の原作者である赤塚敬氏こと比嘉健二氏にインタビューした内容を紹介したい。

 

続きはこちら -マイナビニュース-