メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

生活  

56歳で3000万円の住宅は買える?老後の生活が心配

56歳で3000万円の住宅は買える?老後の生活が心配

退職金と貯蓄を充てても3000万円で住宅購入は無謀ですか?

さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は定年退職を前に住宅購入を希望する56歳の公務員男性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は定年退職を前に住宅購入を希望する56歳の公務員男性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
誠実な男さん
男性/公務員/56歳
岩手県/賃貸住宅

■家族構成
妻(58歳/専業主婦)、長男(※独立別居)

■相談内容
退職間近の今から住宅ローンを組んで土地住宅を購入するとしたら、借入金はどれくらいまでなら可能でしょうか。60歳で定年退職。年金は65歳から。再雇用の予定はありません。5年間の無収入期間ができます。退職金は2000万円見込み。生涯借家の予定でしたが、今になり新築が可能であればと考えています。土地700万円(60坪)、家本体2300円(床面積30坪弱)、借入金3000万円の見積もりを住宅メーカーから得ていますが、実現可能でしょうか。個人年金と退職金を全額住宅につぎ込んでよいものか、老後の生活が年金だけで大丈夫か気になります。

 

続きはこちら -All About-