秋の夜長に中秋の月を愛でる。その伝統とお供え | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

生活  雑学  

秋の夜長に中秋の月を愛でる。その伝統とお供え

秋の夜長に中秋の月を愛でる。その伝統とお供え

中秋の名月とは

中秋の名月とは旧暦8月15日の月のこと中秋の名月とは旧暦8月15日の月のこと

旧暦で秋は7月から9月にあたり、それぞれ初秋、仲秋、晩秋と呼ばれた。旧暦は「太陰暦」とも呼ばれるとおり、太陰・すなわち月の満ち欠けと連動している。新月を1日とし、次の新月には新しい月が始まる。つまり太陰暦で15日は必ず満月となる計算だ。

そして中秋は旧暦7月~9月の中間にあたる日、つまり、旧暦8月15日の別称でもある。「中秋の名月」とは、この夜の満月を指す言葉なのだ。似たような言葉で「仲秋の名月」があるが、これは旧暦8月の月夜全般を指す言葉なので、間違わないようにしよう。

この時期に満月を眺めるのは、暑さがひと段落し、涼しい夜長を楽しむ意味があるのと、空気が澄んできて月が綺麗に見えるからであると言われているが、そもそも農耕国家の日本において、月の満ち欠けは祭儀の合図にもなっており、新月や満月の夜には、さまざまなお祭が行われてきた。

中秋の名月も、農民にとっては、収穫祭と密接にかかわっていたのである。

 

続きはこちら -HOME’S PRESS-