メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

生活  街・地域  

“住宅版 ゆりかごから墓場まで” 理想郷を目指すまちづくりが進行中

“住宅版 ゆりかごから墓場まで” 理想郷を目指すまちづくりが進行中日本の世帯数の将来推計によると、2010~35年の間に世帯主が65歳以上である高齢者世帯は1620万世帯→2021万世帯に、全世帯に占める割合は31.2%→40.8%に増加する。そのようななか、高齢者の住まいについて、今後の在り方が各地で模索されているところ。

千葉県佐倉市にある「ユーカリが丘」は、山万(開発事業主)が1971年の開発スタート以来、自社で住宅地内に鉄道を導入するなど独自の街づくりを推進し、住宅業界でもその動向は注目されてきた。

現在、約7200世帯18000人が住まうこの住宅地も、高齢化率は約25%と低いながらも増加傾向。年をとっても豊かに暮らすための仕組みづくりに、街全体で取り組んでいる現場を訪ねてみた。

 

続きはこちら -スーモジャーナル-