メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

セキュリティー  

Instagramで自宅情報がバレバレ!? 注意したい設定

Instagramで自宅情報がバレバレ!? 注意したい設定「Instagram」の位置情報のしくみはご存知ですか?もしかすると間違った設定で、あなたの生活圏が他人に知られてしまうかもしれません。きちんとしくみを理解することで、安全に「フォトマップ」や「スポット検索」の機能を使いこなしましょう。

4億人以上が利用するInstagramに潜む危険
昨今、オシャレが大好きな若い女性を中心に大人気の写真・動画共有アプリ「Instagram」。写真を撮って、お好みのフィルターを選択するだけで、ハイセンスな写真に早変わり。世界中のセレブやモデルといった“ファッションアイコン”が愛用していることでも有名です。

“インスタ”や“IG”とも呼ばれ、多くの人に愛されるInstagramの月間アクティブユーザー数は、なんと4億人以上。せっかく世界中の人とコミュニケーションが取れる空間なのですから、非公開設定をしてしまうなんて、もったいないですよね。

でも、ちょっと待って!

過去にもしInstagramの設定を間違っていたら、気づかないうちに自宅の情報や行動範囲がバレバレなんてことになっているかもしれないというのは、ご存知ですか? ストーカー被害のような危険な目に合わないためにも、これを機に、ぜひ自分の投稿した写真を見直してみましょう。

自動的に位置情報が追加されることは無い
Instagramでは写真をアップロードする際に、任意で位置情報を追加することができます。

逆に言うと、自分の意志で位置情報を追加しない限り、自動的にExif情報(画像とともに記録される撮影情報)から位置情報が取得されることはありません。

つまり、「位置情報サービス」をオンにした状態でInstagramで写真を撮影したとしても、あるいは「位置情報サービス」をオンにした状態で普通のカメラ機能などを使って撮影した写真(Exif情報に位置情報が含まれる写真)をInstagramへアップロードしたとしても、自動的に位置情報が付けられてしまう心配はないということです。

しかし残念ながら、”それなら安心”と決めつけるのは、まだ早い。実は、次のような場合に注意が必要なのです。

 

続きはこちら -All About-