メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

リノベーション  リフォーム  住み替え  移住  

50歳からの「住み替え」「住み続け」それぞれのコストは?

50歳からの「住み替え」「住み続け」それぞれのコストは?長谷工総合研究所がハウジングアンドコミュニティ財団と共同で、首都圏で同じ持ち家に20年以上住んでいる50歳以上の人を対象に調査したところ、「住み続ける」「住み替える」それぞれのコスト意識が浮き彫りになった。詳しく見ていこう。

住み続け派の3割近くがリフォーム意向、予算は約390万円

まず、「持家長期継続居住者の住宅に対する意識調査」の予備調査では、50歳以上で20年以上継続居住している人の今後の住み替え意向は、約16%が「住み替える派」、約84%が住み替える意向のない「住み続け派」だった。

この中から住み替え派(568件)、住み続け派(542件)に対して本調査を行い、「住み続ける、住み替えるためのコスト」に注目して分析したものが、今回の調査結果だ。

「住み続け派」のうち、一戸建ての約29%、マンションの約25%が、リフォームや建て替えなどを検討している。母数は少ない(102件)が、リフォームのための平均予算額は約390万円(マンションで340万円、一戸建てで451万円)。リフォーム費用の捻出・調達方法を尋ねたところ、最多は「貯蓄」の79.4%で、2番目の「借入金」の14.7%に大差をつけ、貯蓄を切り崩してリフォーム費用に充てる人が大半となった。

 

続きはこちら -スーモジャーナル-