メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

リノベーション  リフォーム  

クリーンでシンプルなスカンジナビアスタイルのリノベーション

クリーンでシンプルなスカンジナビアスタイルのリノベーションパリのアパルトマンを、白をベースにしたスカンジナビア・スタイルにリノベーション。すがすがしいセンスは、日本の住宅にも取り入れられそうです。

アパルトマン全体に感じられるエレガンスは、白と淡い色の木を基調にした、デザインのシンプルさにある。落ち着いていて無駄がなく、繊細だ。

かつての輝きに魅せられ、パリの古いアパルトマンを購入したアメリカ人一家は、すぐに建築家のアロン・カシャさんとベッツィー・カシャさんにリノベーションを依頼した。

「施主からはスカンジナビアスタイルへのリノベーションを、と依頼を受けました」とアロンさんは振り返る。「色は白、広いスペース、自然光がたっぷり入る空間という希望だったので、実現するためできる限りの工夫をしました。モダンに改装することとクラシックな内装を生かすこと、両者のバランスをうまくとる方法を探りました」

アロンさんとベッツィーさんはまず全体の間取りを一新し、それから床と天井を白に塗り替え、細部に手を加えていった。「美しいアパルトマンというのは細部の積み重ねからできています」とアロンさん。「最初に見た瞬間には特に気づかなかったり、なぜ美しいのかわからなかったりします。でも細部が美しいからこそなんです」

 

続きはこちら -houzz-