メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

ライフスタイル  リノベーション  街・地域  

岡山ふるさと村にオーガニックライフなゲストハウスを作ります。

岡山ふるさと村にオーガニックライフなゲストハウスを作ります。このプロジェクトについて
都会で疲れた、あなたにきて欲しい、岡山伝統建築吹屋ふるさと村に、オーガニックライフな体験ができるゲストハウスをつくります。
はじめまして、吹屋ふるさと村ゲストハウス運営委員会 代表の田川寿一と申します。現在私は、吹屋ふるさと村内でオーガニック食堂を運営しています。そこで地元の方々にサポートしていただき、「吹屋ふるさと村ゲストハウス運営委員会」を地元の方々と一緒に11名で立ち上げました。

私たちの目標は、重要伝統的建造物群保存地区でもある吹屋ふるさと村の魅力を伝えるために閉鎖していた建築家・石井和紘氏設計の旧国際交流ヴィラを改装をしてオーガニックゲストハウスを開くこと。そしてそれが吹屋ふるさと村を盛り上げていきたいと考えています。

地元で取れた無農薬野菜、そしてお使いいただくタオル、シーツなどすべてオーガニック仕様でしあげました。重要伝統的建築物をリノベーションする費用200万円にみなさまのお力をお貸しいただけないでしょうか?

ひとと繋がることが怖かった僕を迎え入れてくれた、だから僕も恩返しがしたいと思いました。
大学を卒業してから、大阪、東京、福島と転々としました。職も25回も変えてしまい、うまく人と関係性を築くことができませんでした。ずっとそんな自分に悩んでいる中で、人と人のつながりを大事にしている地域に興味をもち、その気持ちを様々な知り合いにぶつけている中で、知り合った、岡山高梁市出身の秦さん。彼は、そんな僕を受け入れ、「うちの街にきなよ!」と言ってくれました。縁もゆかりもない僕をその街のひとは、すぐに仲間だと受け入れてくれました。本当にあったかくて、ここが僕のふるさとだと感じました。

天空の城・松山城、伝統建築の赤瓦の吹屋、昔ながらの城下町。未来に残すべき文化遺産がここ高梁市にはあります。
吹屋ふるさと村がある、岡山の高梁市には、天空の城でも有名な松山城があり、市街の中心部には大きい高梁川と共に城下町が並び、昔ながらのお屋敷が残っています。 そして、自然も豊かで数々の山道があり山に囲まれた中山間地域の中、重要伝統的建造物群保存地区でもある吹屋ふるさと村があります。この吹屋は、昔は鉱山から産出される硫化鉄を原料とした赤色の顔料(ベンガラ)の産地として繁栄し、当時は3000人以上の人が住んでました。しかし、現在は急激な過疎化が進み、若者が街へ出てゆき、お年寄りばかりが残り、町の存続さえ危うく、このままだと、この重要伝統的建造物もすべてなくなってしまっていくという事実です。

日本の伝統的くらしを週末体験してみたい、そんなあなたに、心も体も美しくなれるゲストハウスで、オーガニックライフを体験してみませんか?
僕を救ってくれたこの街を活性化させることが、僕の恩返しだと思っています。この素晴らしい街を次世代に残し、活気あふれる街を取り戻すために、地元の人たちと一緒に、「吹屋ふるさと村ゲストハウス運営委員会」を立ち上げ、多くの人が訪れることができる場所として、ゲストハウスを作ることにしました。今回そのゲストハウスのリノベーション費用をREADYFORで集めたいと思っています。

このゲストハウスのキーワードは『オーガニック・自然・家族』です。まさに『オーガニックライフ」な体験をしてもらいたいと思っています。食べ物をはじめ、衣類や生活用品などさまざまなものが大量生産、大量消費の時代により、身体や環境に悪影響あるものが増えてきました。 そんな時代だからこそ、本物のもの、昔から伝わるものなど、身体や環境に良く、地球に優しいものを中心としたものを使用したいと思っています。

料理に使う調味料である砂糖、塩、お酢、醤油、味噌もオーガニックのものを。また宿泊される方が使うシーツや枕カバーなどのリネンやシャンプー、リンス、石けん、洗顔などのアメニティさらにタオル、バスタオル、手ぬぐいなどすべてこだわりぬいたオーガニックのものを提供いたします。

 

続きはこちら -READY FOR-