メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

ペット  

今では自分もハスキーのつもり(ΦωΦ) ハスキー犬のお陰で生き延びた保護子猫

今では自分もハスキーのつもり(ΦωΦ) ハスキー犬のお陰で生き延びた保護子猫生後3ヶ月で保護された子猫のロジーは、一晩もつかどうかというぐらい非常に弱々しい状態でした。そんなロジーの運命を変えたのはハスキー犬のリロです。

最後の頼みで、ロジーをリロの側においてみることにした飼い主さん。すると、その瞬間、ロジーがリロにミルクを求め始め、リロの方もまるでお母さんになったかのようにロジーに接し始めたのです!

リロは今まで子どもを持ったこともないし、これからも持つことはありませんが、メスとしての本能は持っていたのでしょう。リロはロジーの面倒を喜んで見ているようでした。

それからというもの、一時は命が危ういと思われていたロジーが、どんどん回復していったのです。

リロはロジーに、お母さんとして愛情を与えるだけではなく、生きるためのいろいろなスキルも教えてあげています。その1つが、ほかの犬たちと仲良くお散歩すること。

こちらがロジーが初めて公園に散歩に来たときの写真です。

リロの下で、お母さんと同じように自信たっぷりで、未知の場所にワクワクが止まらないという感じのロジー。

ハスキー仲間たちにも、ちゃっかり かわいがってもらっています。

ちょっと強面なハスキーたちに交じって、1匹ちょこんとしている姿が、めちゃくちゃかわいいですね!

優しくて頼もしい第2のお母さんに出会えてよかったねロジー! これからの成長が楽しみです(*´Д`)

 

続きはこちら -BUZZmag-