メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

お金  不動産  土地  

不動産を取得したときの税金について

 不動産取得税とは 不動産を購入すると、不動産取得税という税金がかかります。
この場合の「不動産を購入する」とは、家屋の建築(新築、増築、改築)、土地や家屋の購入、交換・贈与などで不動産を取得したことをいいますが、相続の場合には課税されません。

この税金は、いつ、いくら払うのか、非常にわかりづらい税金です。

 

不動産を取得したときの税金について

 

続きはこちら -ハウスネットギャラリー-