メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

お金  ローン  

日本の住宅ローンは「実質マイナス金利」

日本の住宅ローンは「実質マイナス金利」こんな事態がいま、日本の住宅市場で進行中です。

現在最も低利なのは、イオン銀行の変動金利で0.57%(15年4月時点)。このように1%を切るほどの低利で住宅ローンを借りた場合、まず残高の1%が毎年戻ってきます(住宅ローン控除)。さらに「住まい給付金」で最大30万円の現金がもらえ、「省エネ住宅ポイント」でも最大30万円分のポイントをもらえるのです。

つまり「お金を借りるとお金をもらえる」という、マイナス金利と同じ効果が働いているわけです。ということは「現金で支払いが出来る場合でも、あえて住宅ローンを組む方がお得」だということになります。

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-