メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

お金  エコ  建築  

「省エネ住宅ポイント」 ポイント発行されない5つの失敗例

「省エネ住宅ポイント」 ポイント発行されない5つの失敗例“ポイント中毒”の様相を呈する日本人のポイント好きな国民性“

突然ですが、読者の皆さんは何枚のポイントカードをお持ちですか?―― ある調査によると1人あたり25枚程度というアンケート結果があり、お財布がパンパンに膨れて困っている人も少なくないでしょう。日本人に限ったことではありませんが、ポイント好きな国民性の一端を垣間見ることができます。

こうしたポイント中毒の様相を呈す国民意識にあやかろうと、今春3月10日から「省エネ住宅ポイント」の発行申請・賞品交換の申請受付が始まりました。今回は、1度目の「住宅エコポイント」、2度目の「復興支援・住宅エコポイント」に続いて3度目となります。消費増税による反動減で低迷する住宅市場を活性化したいという思いが根底にあります。

これにより、エコ住宅の新築やエコリフォームを予定している人にとってはインセンティブ(誘因)効果が期待できるのですが、ポイント付与を受けるには適用条件をすべて満たさなければなりません。「せっかくエコリフォームしたのに、ポイントがもらえなかった」となっては後悔先に立たずです。そこで、本稿では特に勘違いしやすい5つの注意点を以下にご紹介します。

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-