メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

子育て  

小4男児、教諭に転ばされ骨折 愛知・武豊の町立小学校

小4男児、教諭に転ばされ骨折 愛知・武豊の町立小学校愛知県武豊町の町立小学校の男性教諭(30)が10月、給食の時間に担任をする4年生の男子児童(10)を床に転倒させ、右鎖骨を折る3カ月のけがを負わせていたことが分かった。町教育委員会は体罰と認定し、県教委に報告した。

町教委によると、10月6日、教諭は「早く給食を食べるよう」に男児を指導。男児が過って後ろからぶつかったことをふざけていると勘違いし、後ろから抱き抱えて隣の空き教室に連れていって床に転倒させた。教諭は「児童の顔を向けさせようとした際に力が入ってしまい、転ばせてしまった。大変申し訳ない」と話しているという。

教諭は昨年4月にも、同じ学校の特別支援学級の担任をしていた際、6年生の児童を「授業に集中していない」として暴言を吐きながら廊下に連れ出した。そばで見ていた別の児童が教諭を怖がって教室に入れなくなる問題も起こしていたという。

町教委はこの問題の報告も受けており、「昨年の段階で、学校任せにするのではなく、町教委としてきちんと指導すべきだった」としている。

 

続きはこちら -Yahooニュース-