メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

子育て  

なぜランドセルは無償支給ではないのか 一部の子供がリュックサックで登校している現実

なぜランドセルは無償支給ではないのか 一部の子供がリュックサックで登校している現実朝、通勤途中に道路を歩いていると、小学生低学年であろう集団が、列になって登校していた。最近は色々物騒なので、集団登校集団下校が一般的になってきたのだろう。とはいえ、朝から楽しそうな小学生たちを幸せな気持ちで見ていた。

そのとき、ちょっと気にかかることがあった。数十人いる小学生の中で、たまーにランドセルではなくリュックサックを背負っている子がいるのだ。私はこの現状を見て、複雑な気持ちになった。その子たちの家庭が金銭的に余裕がなく、ランドセルを買えずにその子がリュックサックで登校しているとしたら、これほど残酷なことはないと思った。

ランドセルというのは安くない。平均購入価格を調べてみると、約4万円だそうだ(ソース:ランドセルNAVI)。個人的な感覚で言えば、6年間使うものだから、長期的な目線で見れば4万円でも高くはない買い物だし、子供のめでたい小学校入学祝いと考えれば、購入へ踏み切ることにそこまで弊害はないように思えるが、4万円だって出せない家庭はあるだろう。母子家庭だって増えてきているし、最近は、給食費も払えない家庭もあるとニュースになっていた。

しかし、ランドセルを買ってもらえずに、リュックサックで登校する子供からしてみればどうだろう。小学生ぐらいの子供は、他人と少しでも違うことがあれば、すぐに指摘し笑いものにする。

「○○くんはなんでランドセルじゃないの?」
「○○くんの家は貧乏だからランドセルが買えないんだよ」

こんな会話が教室の中で繰り広げられるのは容易に想像できる。ランドセルを買ってもらえない子供は、クラスの中でどれほど嫌な思いをしただろうか。まだ物心ついて間もない頃から、家庭環境の現実を突きつけられて、その心に負うダメージはどれほどだろうか。私は想像するだけで涙が出てくるくらい苦しい。

だからこそ、せめてランドセルだけは、すべての義務教育を受ける子供に、国や地方自治体が一律に支給してあげてほしい。

ランドセルは毎日使うものだし、非常に目立つものだ。私が小学生のときに、同級生でボロボロのお古を使っている子もいたが、そんな状況もなくしてほしい。小学校に入学したら、無償支給の教科書と同様に、ピカピカのランドセルも支給してあげることはできないのだろうか。

 

続きはこちら -さようなら、憂鬱な木曜日-