メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

子育て  

可愛いだけの絵本を与えてはいけない。幼児期の心の発達を助ける絵本

可愛いだけの絵本を与えてはいけない。幼児期の心の発達を助ける絵本

精神分析における心の発達

<はじめに>
人の心、精神というものは身体の成長に密接な結びつきをしながら発達をしていると言えます。

そしてその心身の発達過程において、それぞれの時期に、特有に発達課題というものがあり、身体の成長が心に、心の成長が身体にそれぞれが相互に影響を及ぼし合いながら編成を成し遂げています。

あるいは、その時期に目ざましく発達する心身のテーマがある。

また成長が終わった時期、つまり星人に達してもそれ以降、青年から老年期に渡るまで人間の一生を視野に入れて心身の常用なテーマを詳細に扱う、ライフサイクル論に基づいた観点があります。

発達のある段階でなんらかの李茹で精神的な成長が滞ったり、つまづいたりした時に、人は再び健全な発達の道筋に戻れるか、それともそこから逸脱が生じるか。。。。

特に乳幼児期、幼少期、思春期に体験したことがその後の成人になっても精神状態や社会適応にどのような影響を与えるかということを考えながら、発達の危機をうまく乗り越えることができなかった場合、それは神経症を引き起こす誘因になるかもしれません。

あるいは、もっと深刻な精神症状や精神病理に発展することもありうるのです。

その時期特有のテーマをどのように生抜くかを巡って、まず、フロイトの精神ー性的発達論、そして発達ラインを明日からお伝えします。

 

続きはこちら -Tsugumi Art Works™-