【書籍紹介】結局のところ、勉強しない子どもをご褒美で釣っても「よい」のか「悪いのか」? | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

子育て  

【書籍紹介】結局のところ、勉強しない子どもをご褒美で釣っても「よい」のか「悪いのか」?

結局のところ、勉強しない子どもをご褒美で釣っても「よい」のか「悪いのか」?世間には教育本や子育て本があふれており、さまざまな教育論や子育て論が入り乱れている。

たとえば、勉強をしない子どもに悩む親は多いが、子どもを勉強させるためにご褒美で釣るのは、よいことなのだろうか、悪いことなのだろうか。

どもを勉強させるためにご褒美で釣るのは…?
(1)それで勉強するのだったら、よいと思う
(2)方法が安易、親として失格、勉強に対する意識が低下する…などの理由で悪い

教育論や子育て論では「(2)悪い」ほうに分がありそうだが、「(1)よい」という意見も探せば見つかる。意見が乱立しているのは「ご褒美の是非」だけではない。

「ほめ育ての是非」「ゲームの是非」など、「よい」「悪い」、どちらの意見ももっともらしく主張されており、「結局のところ、どっちなの?」と親を悩ませる。

 

続きはこちら -ダ・ヴィンチNEWS-