メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

子育て  

小学生を中心に”キレる子ども”が急激に増えているワケ

小学生を中心に"キレる子ども"が急激に増えているワケ文部科学省の統計より、小学生の暴力行為が過去最多件数に達したことが明らかになりました。

全体の発生件数の割合では中高生の比率が高かったものの、小学生、特に低学年での増加率が高かったそうです。

教員や同級生などに対する小学生の暴力行為が昨年度、1万1000件を超え、これまでで最も多くなったことが文部科学省の調査で分かりました。

2014年度に全国の小学校で起きた児童の暴力行為の発生数は前年度比572件増の1万1468件で、過去最多を更新した。

 

続きはこちら -NAVER まとめ-