ゲームしすぎで死亡例も?日常でも多発する「エコノミークラス症候群」の危険性 | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

健康  子育て  

ゲームしすぎで死亡例も?日常でも多発する「エコノミークラス症候群」の危険性

ゲームしすぎで死亡例も?日常でも多発する「エコノミークラス症候群」の危険性ロシアの17歳の少年が、22日間ぶっ続けでコンピューターゲームをする日々を送っていた結果、突然倒れ命を落としてしまいました。

医師によると、「エコノミークラス症候群」だったとされています。

近年、ゲームのやりすぎによる死亡例が増加しており、注意が必要です。

 

続きはこちら -NAVER まとめ-