夏休み明けは特に要注意! 子供を自殺から守る親の関わり方 | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

子育て  

夏休み明けは特に要注意! 子供を自殺から守る親の関わり方

夏休み明けは特に要注意! 子供を自殺から守る親の関わり方日頃から「辛いことがあっても、一瞬思いとどまれば、その苦しい体験が後の人生の大きな糧になること」や、時にはしっかり抱きしめ「どんなあなたでも大好きよ」と言葉にして伝えましょう

■休み明けは要注意! 年々増加傾向にある10代の自殺
日本国内で、年間約3万人が自ら命を絶つと言われ、その中でも小中高生の割合が年々増加の傾向にあるということです。特に夏休みなどの長期休暇明けに増える特徴があります。

主な原因としては、身近な人との死別体験などによる喪失感、いじめや家庭問題の苦痛体験、また昨今では自殺企図手段への容易なアクセス、などがあります(内閣府作成2014年度ゲートキーパー研修テキスト参照)。

とりわけ、いじめに対しては、大きな社会問題として取り上げられることが多くなってきていますね。10代の子供の自殺のニュースを聞くと「自殺以外の解決方法を見出せず、衝動的に思いつめて自殺してしまったのだろうか?」と、私たち大人は重い気持ちになります。

自殺時の子供の心理として、「もう、どうすることもできない」という絶望感や、「誰も助けてくれない」と思い込む孤独感、そして激しい苦痛を感じ、「切迫した気持ちになっていますぐ危険行動を起こしかねない」衝動性にかられ、最悪の選択をするようです。

 

続きはこちら -ネタりか-