メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

二世帯・同居  

「ベッドサイド水洗トイレ」で取り戻した笑顔

「ベッドサイド水洗トイレ」で取り戻した笑顔町家造りの家々が立ち並び、歴史を感じさせる街並み。その一角でお母様と2人で暮らすIさんに、今回ベッドサイド水洗トイレのある暮らしを語っていただきました。

90歳を過ぎるというお母様は現在、要介護度3。2014年、Iさんのお父様が亡くなった後に脳梗塞を患い、右半身に麻痺が残って言語も出づらくなったそうです。

「以前にも一度、軽い脳梗塞を患って、要介護度1になりました。そのときは1人でトイレに行くことができたのですが、要介護度3になるとそれも無理で、私自身母を連れて行くのがもう大変になって。結局、昨年3月からポータブルトイレを使うことになったんです」

間口が狭く、奥行きが15間(約30m)あるのが、この辺りの町家の基本設計。トイレの位置は一番奥にあるため、移動に時間がかかり、間に合わなかった……ということもあったそうです。ポータブルトイレを導入してからは、その心配はほぼ解消されましたが、すぐにまた別の問題が浮かびあがってきました。

「ポータブルトイレは、においがやっぱり気になるんです。風が抜ける造りの町家は夏ならいいのですが、それ以外の季節は窓がない部屋では空気がこもってしまう。どうしても我慢できなかったので、1回1回使うたびに庭の水道で排せつ物をためるポータブルトイレのバケツを洗っていました」

 

続きはこちら -All About-