メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建材と工法  

壁材を変えるだけでこんなに違う!? – 調湿、脱臭ができてしかもオシャレ

壁材を変えるだけでこんなに違う!? - 調湿、脱臭ができてしかもオシャレ湿度が高く、ジメジメとした空気がうっとうしい日本の夏。それがようやく終わっても、偏西風が吹く冬から春にかけてはPM2.5による大気汚染や花粉の飛散などにより、窓が開けにくいなど、日本における室内環境は年々酷くなっていると感じる。

空調や室内の空気をキレイにするアイテムとしてすぐに思い浮かぶのはエアコンや空気清浄機だが、それ以外にも空気をキレイにする”壁材”を導入する手もある。

建材や住設機器の総合メーカー・LIXILから発売されている「エコカラット」がそれだ。

日本の気候と相性のよい土壁をルーツに持つ「多孔質セラミックス」の壁材で、湿度のコントロールや消臭、家具や他の建材から揮発し、シックハウス症候群の原因ともなる有害物質を低減する効果があり、まさに”呼吸する壁”だといえる。

 

続きはこちら -マイナビニュース-