メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

トラブル  建材と工法  

太陽光発電装置の設置時のリスク。対策のひとつ、”家に穴をあけない”工法とは

太陽光発電装置の設置時のリスク。対策のひとつ、”家に穴をあけない”工法とは

太陽光発電装置の普及の一方で設置時の知られていないリスクとは…

太陽光・水力・風力などの再生可能エネルギーが注目を集めている。二酸化炭素や有害物質の排出を抑えることができるといったメリットのほか、電力自由化へ向けた動きも伴って、家庭単位でも発電装置を設置する動きが広まっている。

最も一般家庭に普及している再生可能エネルギーの装置といえば、太陽光発電装置だろう。国土交通省が発表した「平成26年度住宅市場動向調査」によると、新築の注文住宅への太陽光発電装置装備率は平成22年度調査の24.6%から42.7%と、4年で2倍弱にまで上昇し、平成27年か28年には半数を超えるのではという勢いだ。

しかし、実はあまり知られていないリスクや、そもそも太陽光発電装置を設置したくてもできない場合もあるのをご存知だろうか。一般家庭の太陽光発電装置は屋根に取り付けられることが多いが、実は取り付けの際に必要な、屋根に穴をあけることによるリスクもあるという。

そうした太陽光発電装置のもつ課題に着目し、“屋根に穴をあけない”工法を開発している企業があると聞き、株式会社オルテナジーに取材してきた。

続きはこちら -HOME’S PRESS-