「木」本来のよさを活かし人に寄り添う建築を | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建材と工法  雑学  

「木」本来のよさを活かし人に寄り添う建築を

「木」本来のよさを活かし人に寄り添う建築を建築家・手塚貴晴氏は、木を使った建築を数多く手掛けている。きっかけは、ふじようちえん(東京都立川市)。

鉄骨造の仕上げにふんだんに木を使ったことで、園児たちが生き生きと遊ぶ空間となり、木造の依頼が相次いだ。手塚氏に木の建築の魅力について語ってもらった。

 

続きはこちら -ケンプラッツ-