メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建材と工法  建築  

日本の家の寿命は約30年と短め…長持ちする条件は?

日本の家の寿命は約30年と短め…長持ちする条件は?

なぜ、築30年で解体されるのか

日本の家は、なぜ築30年で建て替えられるのでしょうか?

大きな理由は「もともと耐久性など性能を重視していないから」です。

これまでの日本の住宅は、次世代に家を住み継ぐという考え方の家づくりをしてこなかったために、このような短命な家が多くなってしまったと考えられます。耐久性を重視した工法や材料を選んだり、断熱・気密性を考えた施工方法で建築されていないので、築30年程度で解体せざるをえない状況になってしまったのです。

ただ、家を建てる人や建築関係者の意識には変化が見られ、性能についてこだわる人が少しずつ増えてきていると思います。

もうひとつの理由は「築年数が経った家に手を入れて住み続ける人が少ないから」です。

一般的に、家を建てて20~30年経つと、住んでいる人の家族構成やライフスタイルが変わり、住まいが暮らしに合わなくなってきます。欧米では、家が暮らしに合わなくなってきたとき、住み替えやリフォームによってミスマッチを解消することが多いようですが、日本人は注文住宅を建てると、住み替える人はあまりいません。

そのうえ、最小限の修繕や設備交換をするだけで、せっかく建てた家なのに、お金をかけない人が多く見られます。

けれども、「間取りが暮らしに合わない」「設備が使いにくい」「古くて汚くなった」」という不満は大きくなっていきます。それをずっと我慢して生活し続けるのはイヤだからという理由で解体してしまうのではないでしょうか。築年数が経った家に手を入れて住み続けようと考える人は少ないのです。

 

続きはこちら -All About-