メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建築  建築会社  欠陥住宅  

家づくりの信頼性は、何を手がかりに?必要なことは?

家づくりの信頼性は、何を手がかりに?必要なことは?横浜市のマンションに傾きが見つかった問題では、そこに住む居住者はもちろん、これからマンション購入を考えている人、そして新築住宅を考えている人にまで不安が広がっています。

2000年(平成12年)に「住宅品質確保促進法」が施行され、新築物件の柱や基礎など構造上重要な部分に欠陥が見つかると、販売会社には引き渡し後10年以内は補修を行うなどの「瑕疵担保責任」ができました。

ただ販売会社によっては欠陥を認めない例も多く、交渉が長期化したり弁護士に依頼する必要が出たりするケースもあります。

それでは家づくりを考えている人は何を手掛かりに信頼性を確認していったらよいのでしょうか?

 

続きはこちら -All About-