メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建築  間取り  

意外に多い?「南向き」以外を選ぶ人たちの理由とは

意外に多い?「南向き」以外を選ぶ人たちの理由とは家探しをする際に気になるポイントといえば、築年数や最寄駅からの距離、間取りなど、さまざまあると思うけれど、部屋の方角(向き)を気にする人も少なくないはず。

南向きが人気なのはなんとなく分かるが、南向き以外を好む人はどんな理由で選んでいるのだろうか? アンケート調査を行い、理由を調べた。

男性よりも女性のほうが方角を気にしている
まずは560人(男女それぞれ280人)を対象に、引越しの際に部屋の方角が気になるかを質問。結果は以下のとおり。

とても気になる(27.5%)
やや気になる(35.2%)
あまり気にならない(21.3%)
まったく気にならない(16.0%)

「とても気になる」「やや気になる」と合わせると半数以上の人が、部屋の方角を気にしていることが分かった。また、結果を男女別(下図参照)に見ると、男性が52.1%に対して、女性は73.2%となり、女性のほうが方角を気にしているようだ。

NHKの『2010年国民生活時間調査報告書』の男女別の平日の在宅時間を見ると、男性の平均在宅時間が13時間32分に対して、女性は16時間14分と3時間ほど在宅時間が長い。女性のなかには主婦も含まれているので、在宅時間が長くなっていることも考えられる。女性のほうが20ポイントほど高く「方角が気になる」となったのは、この在宅時間と関係があるのかもしれない。

 

続きはこちら -スーモジャーナル-