メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

土地  建築  間取り  

驚きのギャップを持つ家

驚きのギャップを持つ家近隣は高級住宅地にも関わらず、この敷地は三角形の特殊な形態のためか比較的安価に売れ残っていました。

その特徴は北向きではありますが、奈良盆地西南部に位置する馬見古墳群と隣接する公園や池が、樹木の向こうに広がっているという緑豊かな素晴らしい環境であるということ。

しかも市街地調整区域であるので、将来建物が建つ可能性も低め。

クライアントの希望は風景を活かした設計としてほしい、というものでした。DenNen Architectureはどのような住宅を建てたのでしょうか。

 

続きはこちら -homify-