メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建材と工法  建築  

宮城県南・古民家のデザイン感覚

宮城県南・古民家のデザイン感覚先日の白河出張の帰り、けっこう好きな宮城県南部の田舎を走りました。

この地域は、東北北部地域とは違って古くから律令国家体制が根付いている地域だと思います。米作を中心とした経済発展が早くからあって、そういう時代からの文化の名残のようなものが
どことなく残っているように、わたしには感じられるのであります。

先日触れた、宮城平野に水利をもたらせた水神信仰の神社とか、そういった米作文化の初源のようなものを感じる次第。温暖な気候風土とおおらかな地誌自然が、なにか、ノスタルジーを刺激してくれるように思うのですね。たぶん、福島県中通りの地域とも通ずるような生活文化風土。

そんな田舎道を走っていたら、古民家なんとか、という看板と建物があったので、つられて見学して来てきました。どうもおそば屋さんと併設しているもののようですが、あんまり来客がないようで、施設の一部は機械が壊れていました。

古民家の内部なんですが、この画像の中にいる「おばあさん」が人形で、これがしゃべるようになっていたけれど、どうも壊れてしまって、ただ不気味に(笑)端座するだけになっていた。

そういったことが不評になって、客足が遠のいたのか、そもそも古民家の老婆人形というのも、かなり微妙ではある(笑)。

たぶん、ノスタルジックな「日本昔話」的ノリだったのでしょうが・・・。というやや、残念感も漂ってはいた次第ですが、古民家外観の大屋根のみごとな三角を基調とした造形の美しさ、さらに2つの丸を見せている水車、そして古民家内部の木組みが表れた室内の四角と、丸・三角・四角という「かたち」の基本形がみごとに造作されている。

そんなことに気付いた次第であります。わたし、なんとなく、この3つの造形は黄金律ではないかと感じている。
わたしたちが古民家に魅せられる心理の中に、こういった、素朴だけれど、人間の生み出す初源的デザイン志向が、力強いメッセージとして無意識の部分で受け止めているのではないか、そのように感じたのであります。

秋のたおやかな陽射しの中で、穏やかなデザインにふれていました。

続きはこちら -性能とデザイン いい家大研究-